【Trading Viewインジケーター】乖離率を色々な移動平均で表示!Pineスクリプトで作成

スポンサーリンク
Pineスクリプトで乖離率インジケーターを作る

Trading View乖離率のインジケーターを表示させる方法を解説します。今回ご紹介する方法はTrading View独自のプログラム言語であるPineスクリプトを使用してインジケーターを表示させる方法です。プログラミングの知識が全くない人でも記事内のコードをコピペすることで簡単に導入できますので是非試してみてください。

このインジケーターの特徴

  • 移動平均線と現在の値との乖離率を表すインジケーターです。
  • 乖離率算出に使用する移動平均線は以下から選択可能です(デフォルトはSMA)。
    1. SMA(単純移動平均線)
    2. EMA(指数移動平均線)
    3. DEMA(2重指数移動平均線)
    4. TEMA(三重指数移動平均線)
    5. WMA(加重移動平均線)
    6. VWMA(出来高加重移動平均線)
    7. RMA(修正移動平均線)
    8. HMA(ハル移動平均線)
  • 移動平均の算出に使用する期間は任意の値に変更可能です(デフォルトは25)。
  • 移動平均の算出に使用する値は以下から選択可能です(デフォルトは終値)。
    1. 終値
    2. 始値
    3. 高値
    4. 安値
    5. 高値安値平均
    6. 高値安値終値平均
    7. 始値高値安値終値平均
  • 乖離率算出に使用する値も上記と同様に選択可能です(デフォルトは終値)。

乖離率インジケーターのPineスクリプトコード

当サイトに掲載のコードは個人的に使用する場合には差し支えありませんが、販売や二次配布等でのご使用は禁止いたします。この記事を参考にして頂ける場合は、必ず免責事項をご確認ください。

以下コードが作成した乖離率インジケーターです。コードの全文をコピペしてそのまま使用可能です。

//@version=4
study("Various MA Deviation Rate", overlay=false)

//インプット設定-----------------------------------------------
len = input(25, title="MA期間")
src = input(close, title="ソース", type=input.source)
src2 = input(close, title="乖離率ソース", type=input.source)
MA_Type= input("SMA", "移動平均種類", input.string, options=["SMA", "EMA", "DEMA", "TEMA", "WMA", "VWMA", "RMA", "HMA"])

//移動平均種類計算
f_ma(type, _src, _len) =>
    float result = 0
    if type=="SMA" // 単純移動平均線
        result := sma(_src, _len)
    if type=="EMA" // 指数移動平均線
        result := ema(_src, _len)
    if type=="DEMA" // 二重指数移動平均線
        e = ema(_src, _len)
        result := 2 * e - ema(e, _len)
    if type=="TEMA" // 三重指数移動平均線
        e = ema(_src, _len)
        result := 3 * (e - ema(e, _len)) + ema(ema(e, _len), _len)
    if type=="WMA" // 加重移動平均線
        result := wma(_src, _len)
    if type=="VWMA" // 出来高加重移動平均線
        result := vwma(_src, _len) 
    if type=="RMA" // 修正移動平均線
        result := rma(_src, _len)
    if type=="HMA" // ハル移動平均線
        result := hma(_src, _len)
    result

MA = f_ma(MA_Type, src, len)

//乖離率計算
deviation_rate = src2 / MA * 100 - 100

//プロット用
hline(0, color=color.gray, linestyle=hline.style_dashed)
plot(deviation_rate, color=color.red)
スポンサーリンク

乖離率インジケーターの使い方

Pineスクリプトを実行するとチャート下に乖離率を示すチャートが表示されます。

乖離率インジケーター

インジケーターの設定を変更するには設定をクリックします。

乖離率インジケーターの設定変更

必要に応じて以下パラメーターを変更します。

  • MA期間:移動平均算出に使用する期間(ローソク足の数)
  • ソース:移動平均算出に使用する値
  • 乖離率ソース:乖離率算出に使用する値
  • 移動平均種類:移動平均の種類を変更
乖離率インジケーターの設定変更画面

設定画面のスタイルを選択するとインジケーターの色やスタイルを変更できます。

乖離率インジケーターのスタイル変更画面

以上がインジケーターの使い方になります。

今回作成した乖離率とボリンジャーバンドを組み合わせたインジケーターも以下の記事で解説しています。

乖離率とボリンジャーバンドを組み合わせる!Pineスクリプトで作成⇒

作成したインジケーターにアラート機能を追加したい!そんな時は以下の記事が参考になります。

Trading Viewのインジケーターにアラート機能を追加するPineスクリプト⇒

Pineスクリプト入門の記事では、プログラミング初心者でも理解できるように一つづつ丁寧に解説しています。Pineスクリプトを触ったことがない方でもPineスクリプト入門#1から順にみていただければ、今回作成したインジケーターやバックテストのコードも作成することができます。興味のある方は是非、他の記事もご覧ください。

Trading Viewのアカウントを作成する

Trading Viewのアカウントをお持ちでない方はこの機会に無料アカウントを取得してみてはいかがでしょうか。

トレーディングビューイメージ

Trading View

トレーディングビューはPineスクリプトでバックテストを行う以外にも、自分のオリジナルインジケーターを作成したり、世界中のトレーダーが作成したオリジナルのインジケーターを使うことも可能です。

FX、株、ETF、コモディティなど国内外問わず様々な銘柄に対応しています。

コメント

  1. […] 移動平均線乖離率を表示させるコードは、下記のサイトからコピペします。 →【Trading Viewインジケーター】乖離率Pineスクリプトで作成 […]

タイトルとURLをコピーしました