トレーディングビュー(TradingView)よく使うティッカーシンボル一覧【ウォッチリスト公開】

スポンサーリンク
タイトル「トレーディングビューよく使うシンボル一覧」

トレーディングビュー(TradingView)を使い始めたばかりの人は、表示したいチャートを探してウォッチリスト化するのが一苦労だと思います。

今回は私がトレーディングビュー(TradingView)で使用しているウォッチリストを一覧にまとめたのでご紹介します。

よければ参考にしてみてください。

ティッカーシンボルが同じでも選択する取引所によって価格が多少異なりますのでご注意ください。

トレーディングビューのウォッチリスト作成方法は以下の記事を参考にしてください。

為替(FX)

クロス円

FX(クロス円)ティッカーシンボル
オーストラリア・ドルAUDJPY
カナダ・ドルCADJPY
スイス・フランCHFJPY
ユーロEURJPY
イギリス・ポンドGBPJPY
香港・ドルHKDJPY
メキシコ・ペソMXNJPY
ノルウェー・クーネNOKJPY
ニュージーランド・ドルNZDJPY
トルコ・リラTRYJPY
アメリカ・ドルUSDJPY
南アフリカ・ランドZARJPY

ドルストレート

FX(ドルストレート)ティッカーシンボル
オーストラリア・ドルAUDUSD
ユーロEURUSD
イギリス・ポンドGBPUSD
ニュージーランド・ドルNZDUSD
カナダ・ドルUSDCAD
スイス・フランUSDCHF
香港・ドルUSDHKD
メキシコ・ペソUSDMXN
ノルウェー・クーネUSDNOK
トルコ・リラUSDTRY
南アフリカ・ランドUSDZAR

コモディティ(先物)

コモディティ(先物)ティッカーシンボル
GC1!
SI1!
パラジウムPA1!
プラチナPL1!
HG1!
コーヒーKT1!
ココアCJ1!
綿TT1!
砂糖YO1!
小麦ZW1!
とうもろこしZC1!
原油CL1!
ブレント油BZ1!
天然ガスNG1!
原油ミニQM1!
スポンサーリンク

指数

主要指数ティッカーシンボル
ダウ平均株価 DJI
S&P500指数 SPX
ナスダック総合指数IXIC
ナスダック100指数NDX
ラッセル3000指数RUA
ラッセル2000指数RUT
ラッセル1000指数RUI
恐慌指数VIX
日経平均NI225
TOPIXTOPIX
マザーズ指数MOS
日経VI2035
FTSE MIB指数FTSEMIB
ハンセン指数HSI
DAX指数DAX
韓国総合指数KOSPI
NZXグロス指数NZ50G
CAC40指数PX1
シンガポールST指数STI
台湾加権指数TAIEX
S&Pトロント総合指数TSX
S&P/ASX200指数XJO

指数(先物)

主要指数ティッカーシンボル
ダウ先物ミニYM1!
S&P500先物SP1!
S&P500先物ミニES1!
ナスダック先物ミニNQ1!
日経平均先物NK2251!
日経平均先物ドル建てNKD1!
マザーズ先物MOTHE1!
TOPIX先物TOPIX1!

米国セクター別指数

セクター別指数ティッカーシンボル
フィアデルフィア石油サービスセクター指数OSX
フィアデルフィア金銀鉱業セクター指数XAU
フィアデルフィア住宅セクター指数HGX
フィアデルフィア公益事業セクター指数UTY
フィアデルフィア半導体セクター指数SOX
S&P500 一般消費財セクターS5COND
S&P500 資本財セクターS5CONS
S&P500 ヘルスケアセクターS5HLTH
S&P500 生活必需品セクターS5INDU
S&P500 情報技術セクターS5INFT
S&P500 素材セクターS5MATR
S&P500 不動産セクターS5REAS
S&P500 通信サービスセクターS5TELS
S&P500 公益事業セクターS5UTIL
S&P500 金融セクターSPF
S&P500 エネルギーセクターSPN
スポンサーリンク

国債金利

国債金利ティッカーシンボル
オーストラリア国債10年金利AU10Y
中国国債10年金利CN10Y
ドイツ国債10年金利DE10Y
スペイン国債10年金利ES10Y
フランス国債10年金利FR10Y
イギリス国債10年金利GB10Y
インド国債10年金利IN10Y
イタリア国債10年金利IT10Y
韓国国債10年金利KR10Y
トルコ国債10年金利TR10Y
日本国債1年金利JP01Y
日本国債2年金利JP02Y
日本国債5年金利JP05Y
日本国債10年金利JP10Y
日本国債30年金利JP30Y
米国国債1年金利US01Y
米国国債2年金利US02Y
米国国債5年金利US05Y
米国国債10年金利US10Y
米国国債30年金利US30Y

米国国債、先物

国債ティッカー
米国1年国債US01
米国2年国債US02
米国5年国債US05
米国10年国債US10
米国30年国債US30
米国2年国債先物ZT1!
米国5年国債先物ZF1!
米国10年国債先物ZN1!
米国長期国債先物ZB1!

仮想通貨

仮想通貨ティッカーシンボル
ビットコイン/ドルBTCUSD
ビットコイン/円BTCJPY
イーサリアム/ドルETHUSD
イーサリアム/円ETHJPY
ライトコイン/ドルLTCUSD
リップル/ドルXRPUSD
ダッシュ/ドルDSHUSD
バイナンスコイン/ドルBNBUSD
テザー/ドルUSDTUSD
ドージコイン/ドルDOGEUSD
ビットコインキャッシュ/ドルBCHUSD
スポンサーリンク

通貨インデックス

インデックスティッカーシンボル
ドルインデックスDXY
円指数JXY
ポンド指数BXY
スイスフラン指数SXY
カナダドル指数CXY
オーストラリアドル指数AXY
ニュージーランド指数ZXY
ユーロ指数EXY

海外ETF(一部)

海外ETFティッカーシンボル概要
iシェアーズ・コア 米国総合債券市場AGG米国の投資適格債券市場全体のパフォーマンスを測る指標。ドル建て固定金利、残存期間1年以上の債券で構成
iシェアーズ MSCI EAFEEFAMSCI・EAFEインデックス・ファンドに連動
iシェアーズ・コア S&P 500IVV米国受益証券市場の大型株を含むS&P500指数に連動
iシェアーズ ラッセル 2000IWM時価総額下位の約2,000銘柄で構成される米国株式市場の小型株を測る指標
インベスコ QQQ トラスト シリーズ1QQQ米国ナスダック市場の大型株100銘柄で構成
SPDR S&P 500SPY米国S&P500指数に連動
バンガード・FTSE先進国市場VEA米国株以外の先進国株式市場の大型株・中型株・小型株をカバーする、FTSEディベロップド・インデックスに連動
バンガード S&P 500VOOS&P 500指数のパフォーマンスに連動
バンガード トータル ストック マーケットVTICRSP USトータルマーケット・インデックスのパフォーマンスに連動
バンガード FTSE エマージング マーケッツVWOFTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ中国A株トランジション・インデックスに連動
エネルギー セレクト セクター SPDR ファンドXLES&Pエネルギー セレクト セクター指数の値動きと連動
金融セレクト セクター SPDR ファンドXLFS&P金融セレクト セクター指数の値動きと連動
資本財セレクト セクター SPDR ファンドXLIS&P資本財セレクト セクター指数の値動きと連動
テクノロジー セレクト セクター SPDR ファンド XLKS&Pテクノロジー セレクト セクター指数の値動きと連動
生活必需品セレクト セクター SPDR ファンドXLPS&P生活必需品セレクト セクター指数の値動きと連動
ヘルスケア セレクト セクター SPDR ファンド XLVS&Pヘルスケア セレクト セクター指数の値動きと連動
一般消費財セレクト セクター SPDR ファンド XLYS&P一般消費財セレクト セクター指数の値動きと連動

海外FX「XM Trading」の取り扱い銘柄

XMをお使いの方はこちらの記事でXMの取り扱い銘柄を一覧にまとめていますので参考にしてみてください。

Trading Viewでオリジナルの指数を作成する

トレーディングビューではシンボルを四則演算することもできます。

例えば、日経平均をドル建てで確認したい場合、日経平均は円建てなので、USDJPYで割ると日経平均ドル建てのチャートを作成することができます

他にはプラチナ、金、銀などの貴金属はそれぞれ密接な関係性があるため、これらの比率をチャートで確認することも重要です。

シンボル同士の関係性を可視化することで新たな気づきを得られることもあり、私はとても重宝しています。是非一度試してみてください。やり方については以下の記事を参考にしてみてください。

シンボル同士の組み合わせは無料会員、PRO会員は日足チャート以上でしか表示することができません。日足よりも下位時間足で表示させたい場合は、PROプラス以上に登録する必要があります。

スポンサーリンク

Trading Viewウォッチリストの分析と共有

ウォッチリストの上部にあるアドバンスビューから分析と共有ができます。

ウォッチリストのアドバンスビューではシンボルのタイプと株式セクターの分布を確認できます。

また、ウォッチリストの現在値、変動率、出来高、時価総額などを一覧で見ることもできます。

ファンダメンタルを選択するとPER、利回りなども一覧で確認できるので大変便利です。

ウォッチリストの共有をオンにすることで、Facebook、Twitter、URLで作成したオリジナルのウォッチリストを共有することもの可能です。

インポートで手間かけずにウォッチリスト作成

手作業で検索して、リストを作成するのはちょっと手間がかかります。テキストファイルからリストをインポートすることもできるのでよければ試してみて下さい。
※ウォッチリストのインポート、エクスポートには有料プランが必要です。

ウォッチリストのインポート方法

STEP1.画面右上の①ウォッチリストを選択

STEP2.②ウォッチリスト名を選択

STEP3.③「リストをインポート」を選択

STEP4.インポートしたいテキストファイルを選択して完了

リストインポート方法

ウォッチリストのインポート用ファイルを公開

今回ご紹介したリストのテキストファイルを下記よりダウンロードできます。
※ウォッチリストのインポートには有料プランが必要です。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

トレーディングビューで直接取引するには

OANDA JAPAN

トレーディングビューはチャート分析に特化したツールであり、直接取引するにはFX業者のアカウントを作成する必要があります。

OANDA JAPANはトレーディングビューで直接取引できる数少ないFX業者です。他にもMT4、MT5にも対応しています。

おすすめの証券会社

【LINEで取引】LINE証券

LINE証券は、LINE証券株式会社が運営しており、いつも使っているLINEで簡単に株の取り引きができるスマホに特化したネット証券です。また、1株単位で株を購入できるので、資金が少ない株初心者の方にもおすすめの証券会社です。

初株キャンペーン

 

【SBI証券】

SBI証券は米国株式の取扱数が4,200以上(2021年10月時点)で、他にも中国株、ベトナム株、インドネシア株など世界各国の株式取引が可能です。米国株やETFを毎月自動的に買付する「定期買付サービス」など海外株への投資を検討中の方にはおすすめです。

 

【楽天証券】

楽天証券は、米国株式、米国ETFの取扱種類も豊富で、手数料が安く楽天ポイントが貯まるため、楽天ユーザーに特におすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました