トレーディングビューでドル建て日経等の合成シンボルを作成する方法【TradingView】

スポンサーリンク

トレーディングビューでは同じチャート上に別の通貨や指数を表示して比較することや価格のデータに四則演算を加えて表示する機能も備わっています。

この機能を使うと日経平均をドル建てで表示させたり、通貨ペアの分母分子を逆に表示することも可能です。

比較したいシンボルを同一チャートに表示する方法

チャート比較方法

STEP1.チャート上部にある「比較、シンボルの追加」をクリック

STEP2.シンボル検索画面が表示されるので、比較したいシンボルを検索

チャート比較

このように同一チャート上に2つの通貨を表示させることができました。

今回は、ドル円、ユーロドルを表示させています。

通貨以外にも指数や株価などと比較したり、2つ以上のシンボルを比較することもできます。

合成シンボルを作成する方法

合成シンボル作成方法

STEP1.チャート左上のシンボル名を選択、任意のシンボルを入力

STEP.2シンボル入力欄の右にある任意の計算方法を選択

STEP3.計算に使用するもう一つのシンボルを入力し、Enterで表示

【例①】ドル建て日経平均を作成する

ドル建て日経平均チャート

先ほどの要領でドル建て日経平均を作成してみます。

ドル建て日経平均は「日経平均/ドル円」で表示することができます。

シンボル検索欄に分子となる「NI225」を入力し、「÷」を選択。続いて分母となる「USDJPY」を入力し、「Enter」でチャートを表示することができます。

【例②】イールドギャップを作成する

日本国債10年金利と2年金利のイールドギャップ

続いて、イールドギャップを作成してみます。イールドギャップは長期金利と短期金利の差なので、今回は「日本国債10年金利」と「日本国債2年金利」の差を表示させます。

シンボル入力欄に「JP10Y」を入力し、「-」を選択。続いて「JP02Y」を入力し、「Enter」でチャートを表示させることができます。

指数や国債のシンボルはこの記事でまとめているので参考にしてみてください。

【例③】USDベースで通貨を比較する

USDベースでの通貨比較

続いて、各通貨ペアをUSDベースで比較してみます。

例えば、「USD/JPY」と「EUR/USD」では分母が異なるのでそのままでは単純比較できません。そこで、「USD/JPY」の分母分子を反転させドルベースで比較できるようにします。

シンボル入力欄に「USDJPY」と入力し、「1/」を選択すると分母と分子が反転し、ドルベースでの表示になります。

シンボル同士の組み合わせは無料会員、PRO会員は日足チャート以上でしか表示することができません。日足よりも下位時間足で表示させたい場合は、PROプラス以上に登録する必要があります。

今回はトレーディングビューで「チャートを比較する方法」「価格データに四則演算を加えて表示させる方法」をご紹介しました。

チャートに四則演算を加えることでいつもとは別の視点から観察でき、新たな気づきがあるかもしれませんね!ぜひ、色々と試してみてください。

トレーディングビューのアカウントを作成する

Trading View

本記事で使用しているトレーディングビューはPineスクリプトでバックテストを実行したり、自分のオリジナルインジケーターを作成することも可能です。

FX、株、ETF、コモディティなど国内外問わず様々な銘柄に対応しています。アカウントをお持ちでない方は以下リンクから作成できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました