一目均衡表|Trading Viewインジケーター

スポンサーリンク
tTrading Viewインジケーター「一目均衡表」

この記事ではTrading View独自のプログラム言語である「Pineスクリプト」を使ったインジケーターの記述例を紹介しています。オリジナルのインジケーターやストラテジー作成の参考にしてみてください。Pineスクリプトの知識がない方でもコピペするだけで使うこともできます。この記事を参考にして頂ける場合は、必ず免責事項をご確認ください。

一目均衡表(Ichimoku Clouds)

一目均衡表とは日本人が考案した世界的に有名なインジケーターで、もともと株価を基に作成されたインジケーターですがFXなどの他の金融商品にも応用することが可能といわれています。

基準線、転換線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパンの5本の線と先行スパン1と先行スパン2の間を塗りつぶした雲から構成されます。

一目均衡表の各要素の見方

基準線

基準線は過去26日間の最高値と最安値の平均から算出します。つまり、トレンドの方向性を示しているといえます。

基準線が上向きの場合は上昇トレンド、下向きの場合は下降トレンドになります。

加えて、現在価格が基準線に対してどこに位置しているかも重要です。基準線よりも価格が上にあり、基準線も上向きの場合はより強い上昇トレンドとなります。反対に基準線よりも価格が下にあり、基準線も下向きの場合はより強い下降トレンドとなります。

転換線

転換線は過去9日間における最高値と最安値の平均から算出します。つまり、基準線よりも反応が早く、短期的なトレンドの方向性を示しており、基準線を上抜けした場合(ゴールデンクロス)は買いシグナル、基準線を下抜けした場合(デッドクロス)は売りシグナルとなるケースが多くあります。

先行スパン・雲

先行スパン1は基準線と転換線の平均値を26日先行させて表示させた線。

先行スパン2は過去52日間における最高値と最安値の平均値を26日先行させて表示させた線。

先行スパン1と先行スパン2のライン間を塗りつぶしたものが雲です。

雲を見るときは現在価格の位置と厚みに注目します。

雲よりも上にある場合は上昇トレンド、下にある場合は下降トレンドを示しています。また、雲は抵抗帯になることも多く、雲の厚みが厚いほど強い抵抗帯として機能します。

遅行スパン

遅行スパンは価格を26日遅行して表示した線で、遅行スパンが現在価格を上抜けた場合買い、遅行スパンが現在価格を下抜けた場合は売りシグナルとなります。

一目均衡表の計算式

  1. 基準線=(当日を含めた過去26日間の最高値+最安値)÷ 2
  2. 転換線=(当日を含めた過去9日間の最高値+最安値)÷ 2
  3. 先行スパン1=((転換値+基準値)÷ 2)を26日先行させて表示。
  4. 先行スパン2=((当日を含めた過去52日間の最高値+最安値)÷ 2)を26日先行させて表示。
  5. 遅行スパン=当日の終値を26日遅行させて表示。
  6. 雲=先行スパン1と先行スパン2のライン間

一目均衡表をPineスクリプトで書く

Trading View「一目均衡表」
//一目均衡表をPineスクリプトで書く
//@version=4
study(title="一目均衡表", overlay=true)
baseLen = input(26, title="基準線の期間")
conversionLen = input(9, title="転換線の期間")
leadingLen = input(52, title="先行スパン2")
laggingLen = input(26, title="オフセット")

baseLine = avg(highest(baseLen), lowest(baseLen))
conversionLine = avg(highest(conversionLen), lowest(conversionLen))
leadingSpan1 = avg(conversionLine, baseLine)
leadingSpan2 = avg(highest(leadingLen), lowest(leadingLen))

plot(baseLine, title="基準線")
plot(conversionLine, title="転換線", color=color.purple)
p1 = plot(leadingSpan1, offset=laggingLen-1, title="先行スパン1", color=color.green)
p2 = plot(leadingSpan2, offset=laggingLen-1, title="先行スパン2", color=color.red)
plot(close, offset=-laggingLen+1, title="遅行スパン", color=color.yellow)
fill(p1, p2, color=color.gray, transp=30)

アカウントを作成する

おすすめチャートツールTrading View

  • 高性能チャートツール
  • オリジナルのインジケーターが作成できる
  • FX、仮想通貨、株、ETF、コモディティなど国内外問わず様々な銘柄に対応

コメント

タイトルとURLをコピーしました