トレーディングビューで取引するならOANDA JAPANがおすすめ|口座開設方法とコース別特徴

スポンサーリンク
タイトル「口座開設から取引までの流れ」

FX業界の中でも大手クラスの OANDA Japan は約定力、情報力も国内トップクラスといっても過言ではありません。なかでも取引ツールのバリエーションが豊富で、MT4、トレーディングビュー、FXtradeの中から自分に合った取引ツールを選択することができます。

この記事では各取引ツールが使用できるコースの紹介と口座開設から取引までの流れをご紹介します。

スポンサーリンク

OANDA JAPANのコース別特徴

OANDA JAPANには取引コースが3つ用意されており、それぞれ使える取引ツールとスプレッド、最大は発注量などが異なります。

取引 ツール 東京サーバーコース ベーシックコースプロコース
MT4
fx Trade×
Trading View×

東京サーバーコースはMT4のみとなっているので、fx Trade、トレーディングビュー(Trading View)を使いたい場合はプロコースまたはベーシックコースにしましょう。

スプレッド 東京サーバーコース ベーシックコースプロコース
USD/JPY0.3銭0.4銭0.8銭
EUR/USD0.4~0.5pips0.5pips0.8pips
EUR/JPY 0.4~0.7銭0.7銭1.3銭
GBP/USD0.8~1.0pips1.1pips1.3pips
GBP/JPY0.8~1.2銭1.4銭2.8銭
AUD/USD0.8~0.9pips1.1pips1.4pips
AUD/JPY0.6~0.7銭1.0銭1.6銭

スプレッドは東京サーバーコース<ベーシック<プロコースの順に広くなります。

その他の特徴東京サーバーコース ベーシックコースプロコース
最大発注量/1回50万通貨25万通貨300万通貨
最小取引数量10,0001,0001,000
取引可能通貨ペア28通貨ペア71通貨ペア71通貨ペア
自動売買×(MT4のみ)

各コースそれぞれ特徴があるので上記の違いを考慮して自分に合った取引コースを選びましょう。コースに迷った場合はベーシックコースをおすすめします。

口座開設から取引開始までの流れ

STEP.1 WEB申し込み

OANDA JAPAN口座開設から取引開始までの流れSTEP1

OANDA JAPANの口座開設方法は他のFX業者と大差なく、FX業者の口座開設の経験がある方は特に難しくはないでしょう。まずは、公式サイトにアクセスして、「新規口座開設」ボタンをクリックします。

本番口座」と「デモ口座」が選択できるので「本番口座」をクリックして先に進みます。入力項目の画面に移行するので順番に空欄項目を埋めていきます。

入力項目
  • 住所、氏名、生年月日、性別、国籍、電話番号、メールアドレス
  • 職業、財務情報(年収、自己資産)、投資経験
  • 取引コースを選択

STEP.2 本人確認書類などの必要書類を提出

OANDA JAPAN口座開設から取引開始までの流れSTEP2

本人確認書類は画像データをアップロードする方法と郵送が選べますが、アップロードが手間かからずおすすめです。 画像は文字が鮮明に映っているか確認してからアップロードしましょう。

本人確認書類の組み合わせ
  • マイナンバーカード (計1点の提出)
  • 通知カード+顔写真付本人確認書類 (計2点の提出)
  • 個人番号付住民票+ 顔写真付本人確認書類 (計2点の提出)
  • 通知カード+顔写真無本人確認書類2点 (計3点の提出)
  • 個人番号付住民票 +顔写真無本人確認書類2点 (計3点の提出)

※ 顔写真付本人確認書類 :免許証、パスポート、住民基本台帳カード、在留カード                  ※顔写真無本人確認書類:住民票の写し、各種保険証のコピー、各福祉手帳のコピー、印鑑登録証明書の写し、公共料金の領収書

STEP.3 口座開設に伴う審査

OANDA JAPAN口座開設から取引開始までの流れSTEP3

この段階ではOANDA JAPAN側で口座開設の審査が行われます。大抵の人は審査で落ちることは少なく、申込時の必要項目をしっかりと記載していれば心配ないでしょう。万が一、審査に落ちてしまっても他にも優良FX業者は存在するので別の業者への申し込みを検討するのも良いかもしれません。

STEP.4 口座開設完了のお知らせを受け取る

OANDA JAPAN口座開設から取引開始までの流れSTEP4

審査に通過した場合、数日で書留郵便が自宅に届きます。書類の中に開設した口座のIDパスワードが記載されています。公式サイトにアクセスし、ログイン画面から記載されたIDとパスワードを入力しログインしてみましょう。

STEP.5 証拠金を送金して取引開始

OANDA JAPAN口座開設から取引開始までの流れSTEP5

指定口座に証拠金を振り込めば、その資金をもとに取引を開始することができます。入金はダイレクト入金が即時反映されるためおすすめです。

ダイレクト入金対応金融機関
  • 三菱東京UFJ
  • 三井住友
  • みずほ
  • ジャパネット
  • 楽天銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 住信SBIネット銀行

以上が申し込みから取引開始までの流れになります。

まとめ

OANDA JAPANは高性能のツールが使用できることと71もの豊富な通貨ペアも魅力的です。取引ツールのトレーディングビュー(TradingView)は、直感的に操作できる優れた操作性、スッキリとしたデザイン、使用するデバイスに依存せずWEB環境があればOKなど今まで使用したツールの中では断トツで使いやすく私も愛用しています。

OANDA JAPANはトレーディングビューで直接取引できる数少ないFX業者です。トレーディングビューを使用している人はこれを機に口座開設してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました