複合型移動平均線(GMMA)|Trading Viewインジケーター

スポンサーリンク
Trading Viewインジケーター「GMMA」

この記事ではTrading View独自のプログラム言語である「Pineスクリプト」を使ったインジケーターの記述例を紹介しています。オリジナルのインジケーターやストラテジー作成の参考にしてみてください。Pineスクリプトの知識がない方でもコピペするだけで使うこともできます。この記事を参考にして頂ける場合は、必ず免責事項をご確認ください。

複合型指数移動平均線(GMMA)

GMMA(Guppy Multiple Moving Average)は合計12本の指数移動平均線(EMA)を表示させるインジケーターです。

EMAの計算式上、短期のラインは反応速度が早く、長期のラインは反応速度が遅くスムーズなラインになります。したがって、長期のラインでトレンドの方向性を確認し、短期のラインでトレンドの転換、売買のタイミングを計ります。

また、トレンドが弱いときは各ライン間の間隔が狭く、トレンドが強いときは間隔が広くなります。

GMMAの計算式

GMMAは短期の6本、長期の6本、合計12本のEMAから構成されるインジケーターです。

短期の期間は3、5、8、10、12、15

長期の期間は30、35、40、45、50、60

EMAの計算方法は指数移動平均線(EMA)を参照ください。

GMMAをPineスクリプトで書く

//ema関数を使ったGMMAの書き方
//@version=4
study("GMMA", overlay=true)
src = input(close, title="ソース")
len1 = input(3, title="1期間")
len2 = input(5, title="2期間")
len3 = input(8, title="3期間")
len4 = input(10, title="4期間")
len5 = input(12, title="5期間")
len6 = input(15, title="6期間")
len7 = input(30, title="7期間")
len8 = input(35, title="8期間")
len9 = input(40, title="9期間")
len10 = input(45, title="10期間")
len11 = input(50, title="11期間")
len12 = input(60, title="12期間")

EMA1 = ema(src, len1)
EMA2 = ema(src, len2)
EMA3 = ema(src, len3)
EMA4 = ema(src, len4)
EMA5 = ema(src, len5)
EMA6 = ema(src, len6)
EMA7 = ema(src, len7)
EMA8 = ema(src, len8)
EMA9 = ema(src, len9)
EMA10 = ema(src, len10)
EMA11 = ema(src, len11)
EMA12 = ema(src, len12)

plot(EMA1)
plot(EMA2)
plot(EMA3)
plot(EMA4)
plot(EMA5)
plot(EMA6)
plot(EMA7, color=color.red)
plot(EMA8, color=color.red)
plot(EMA9, color=color.red)
plot(EMA10, color=color.red)
plot(EMA11, color=color.red)
plot(EMA12, color=color.red)

アカウントを作成する

おすすめチャートツールTrading View

  • 高性能チャートツール
  • オリジナルのインジケーターが作成できる
  • FX、仮想通貨、株、ETF、コモディティなど国内外問わず様々な銘柄に対応

コメント

タイトルとURLをコピーしました