ボリンジャーバンド|Trading Viewインジケーター

スポンサーリンク

ボリンジャーバンド(Bollinger Band:BB)

ボリンジャーバンドは単純移動平均線(SMA)と単純移動平均線のプラスの標準偏差、マイナスの標準偏差の3つのラインから構成されるインジケーターです。

標準偏差とは値のばらつきをしめす指標で、σ(シグマ)であらわされます。値が正規分布をとるばあい、以下の範囲内で値が推移します。

  • ±1σ標準偏差内で推移する確率は68.3%
  • ±2σ標準偏差内で推移する確率は95.5%
  • ±3σ標準偏差内で推移する確率は99.7%

ボリンジャーバンドの標準偏差には2σを使う場合がおおくみられます。

つまり、価格の推移はは95.5%の確率でこの範囲内で推移する可能性が高く、この範囲外の価格となったときは長く継続する可能性が低いと考えられます。

ボリンジャーバンドの計算式

ボリンジャーバンドは「Middleバンド」「Upバンド」「Lowバンド」の3つのラインから構成されるインジケーターです。

各ラインは以下のように計算します。

Middleバンド = 期間Nの単純移動平均線(SMA)

Upバンド = 期間Nの単純移動平均線(SMA)+ 期間Nの標準偏差(σ)× y

Lowバンド = 期間Nの単純移動平均線(SMA)- 期間Nの標準偏差(σ)× y

※yは一般的に2を使用する

ボリンジャーバンドをPineスクリプトで書く

bb関数を使う場合

//bb関数を使ったボリンジャーバンドの書き方
//@version=4
study("ボリンジャーバンド", overlay=true)
src = input(close, title="ソース")
len = input(25, title="期間")
dev = input(2.0, minval=0.001, maxval=50, title="標準偏差")
[middle, upper, lower] = bb(src, len, dev)
plot(middle)
plot(upper)
plot(lower)

bb関数を使わない場合

//bb関数を使わないボリンジャーバンドの書き方
//@version=4
study("ボリンジャーバンド", overlay=true)
src = input(close, title="ソース")
len = input(25, title="期間")
mult1 = input(1.0, minval=0.001, maxval=50, title="標準偏差1")
mult2 = input(2.0, minval=0.001, maxval=50, title="標準偏差2")
dev1 = mult1*stdev(src, len)
dev2 = mult2*stdev(src, len)
base_line = sma(src, len)
sigma_p1 = base_line + dev1
sigma_p2 = base_line + dev2
sigma_m1 = base_line - dev1
sigma_m2 = base_line - dev2
plot(sigma_p1)
plot(sigma_p2)
plot(sigma_m1)
plot(sigma_m2)

アカウントを作成する

おすすめチャートツールTrading View

  • 高性能チャートツール
  • オリジナルのインジケーターが作成できる
  • FX、仮想通貨、株、ETF、コモディティなど国内外問わず様々な銘柄に対応

コメント

タイトルとURLをコピーしました