2020-08

スポンサーリンク
Pineスクリプト

【Trading Viewインジケーター】乖離率を色々な移動平均で表示!Pineスクリプトで作成

Trading Viewに乖離率のインジケーターを表示させる方法を解説します。今回ご紹介する方法はTrading View独自のプログラム言語であるPineスクリプトを使用してインジケーターを表示させる方法です。プログラミングの知...
Pineスクリプト

Trading Viewのインジケーターにアラート機能を追加するPineスクリプト

トレーディングビューでアラート機能を使う 膨大な数ある金融商品の値動きを日々パソコン画面と向き合いチェックし続けるのはとても大変です。そんな我々投資家にって欠かせないのが「アラート機能」。このアラート機能を上手に使いこなせば...
Pineスクリプト

トレーディングビュー(TradingView)Pineスクリプト入門#17|MACDのストラテジーに売買反転機能を加える

MACDを使ったストラテジーのPineスクリプトコード 前回の記事「トレーディングビュー(TradingView)Pineスクリプト入門#16|MACDと他のインジケーターを組み合わせたバックテスト」ではMACDとSMA20...
TradingView

XMの魅力はハイレバFXよりもCFDにある!なぜCFDがおすすめなのか?

XM TradingといえばハイレバレッジFXが人気ですが、XMはFX以外にも様々銘柄のCFD取引が可能です。投資の基本はトレンドが出ている銘柄を見つけて波に乗ることです。対象となる銘柄が多いほどそのチャンスも多くなりますよね。今...
TradingView

XMとTradingViewは連携できない!XMとトレーディングビューのおすすめの使い分け

海外FXブローカーとして高い人気を誇るXMと非常に優秀なチャートツールのトレーディングビュー。この二つを連携して取引したいという方は多いはずです。結論から言うと連携はできません。ただし、XMとトレーディングビューを使い分ければ効率...
Pineスクリプト

トレーディングビュー(TradingView)Pineスクリプト入門#16|MACDと他のインジケーターを組み合わせたバックテスト

PineスクリプトでMACDを使ったバックテスト 前回の記事でこれまでPineスクリプト入門の記事で解説してきたコードを使って、MACDを使ったストラテジーを作成しました。 実際の取引にはMACDのみで取引きする方は少...
Pineスクリプト

トレーディングビュー(TradingView)Pineスクリプト入門#15|MACDを使ったバックテスト

PineスクリプトでMACDを使ったバックテストを実行する Pineスクリプトの書き方について、これまでの記事で一通り解説してきました。 今回はこれまでの復習もかねてMACDを使ったバックテストを実行するコードを作成し...
Python

プログラミング初心者のPython入門#17|リストの基礎<並び変える、値を調べる>

この記事でわかること ・リストの値をアルファベット順、昇順、降順、ランダムに並び替える方法 ・並び替えたリストを新たなリストとして保存する方法 ・リスト内に指定した値が含まれるか調べる方法(完全一致、部分一致) ...
Python

プログラミング初心者のPython入門#16|リストの基礎<増やす、繋げる、取り出す>

この記事でわかること ・リストの複製方法 ・リストの連結方法 ・リストから指定した値を取り出す方法 Pythonで作成したリストを複製する方法 リストを複製するには以下3つの方法があります。 cop...
Pineスクリプト

トレーディングビュー(TradingView)Pineスクリプト入門#14|「if文」の書き方

Pineスクリプトにおける「if文」の構造 if文とは指定した条件を満たしたときに特定の処理を実行し、if文を使うことでより複雑なコードを作成することができます。 以下はif文の処理構造を図にしたものです。if文の条件...
Pineスクリプト

トレーディングビュー(TradingView)Pineスクリプト入門#13|OBV、MFIなどの出来高を使ったインジケーター関数を紹介

トレンド系インジケーター関数を紹介した記事やオシレーター系インジケーター関数を紹介した記事に続いて、今回はOBVやMFIなどの出来高を使たインジケーター関数を紹介します。 オンバランスボリューム「obv()」 OBVは...
Pineスクリプト

トレーディングビュー(TradingView)Pineスクリプト入門#12|RSI、ストキャスティクスなどのオシレーター系インジケーター関数を紹介

前回の記事に続いて、Pineスクリプトのインジケーター関数をご紹介します。今回はRSIやストキャスティクスなどのオシレーター系インジケーターです。 相対強度指数「rsi()」 RSIは一般的に相場の買われすぎ、売られす...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました